【超重要!】サロン集客する前にやるべきことと9つの具体的な集客方法

こんにちは、愛原菜々です!
今回は、「集客する前にやるべきこと」と「9つの具体的な集客方法」についてお伝えしていきますね^^

集客するにはまだ早い!?サロン集客する前にやるべきこと


「売上があがらないのは集客できないから」そんな風に思っていませんか?
実は、売上があがらないのは集客が原因じゃない可能性があります。そこでまず始めに、集客する前にやるべきことについて、お伝えしていきます。

「4種類のお客様」と「繁盛サロン」のたった1つの共通点

まず、サロンのお客様には大きく分けて4つの種類があります。

  • VIP客
  • リピーター
  • 休眠客
  • 新規客

VIP客とは、その名の通り、お客様のなかでも頻繁に利用してしてくださっている方、特に売上に貢献してくださっている方のことを指します。

リピーターとは、VIP客以外のサービスを継続して購入してくださっているお客様のことをいいます。

休眠客とは、一度サービスを購入してくださってから、その後一定以上の期間購入(ご来店)がないお客様のことです。

新規客とは初めていらっしゃるお客様のことですね。

この4つです。

ここで考えてみましょう^^
VIP客・リピーター・休眠客・新規客、どのお客様を大切にするべきでしょうか?

上手くいっているサロン、繁盛しているサロンには必ずと言っていい「共通点」があります。

それは、

★★★★★★★★★★★★★★★

VIP客を大事にしている

★★★★★★★★★★★★★★★

という点です。

「売上が思うように上がらない」と思っている個人サロン経営者の9割が、「集客が必要」と思っていますが、サロンの売上に最も貢献しているのは紛れもなく「VIP客」です。

新規客にばかり目を向けるよりも、まず先に、VIP客の満足度度を高める取り組みをしましょう。

私自身も、サロンを経営していて、「売上をあげるためには集客が必要!」と思っていた時期がありました。そして、ただひたすらに集客のために時間とお金を費やしていたことがあります。

しかし、集客してもなかなか売上は上がらず、広告費で赤字になっていた時期がありました。
売上が順調に伸び始めたのは、VIP客のまだ満たせていないニーズを聞き出し、満足度をあげる取り組みをしたことがきっかけでした。それだけで、売上が3倍になりました。
また、メニューやサービス内容を見直したことで、新規客にご提案できるメニューの幅も広がり、より顧客満足度の高いサロンを構築することができました。

新規集客に取り組む前に、まずは「VIP客の満足度」にも目を向けてみてくださいね^^

これだけやればサロンの売上はあがる!4つの要素とは!?

サロン経営において、「これをやれば売上が上がる!」という4つの要素があるのですが、なんだと思いますか??^^

それは、

===========================

客数 × 単価 × 来店頻度 × リピート率 = 売上

===========================

です。売上は、この4つの要素で成り立っています。

単純に、お客様の数が増えると、売上は上がりますね。
単価を上げると、売上は上がりますね。
来店頻度は、月に1回よりも、月に2回・3回ご来店頂けた方が、売上に繋がりますよね。
リピート率は、新規のお客様がリピーターになっていただける確率が高い方が、売上は上がりますよね。

売上があがらないのは必ずしも「集客できていない」ことが原因ではない可能性があります。他の要素を見直してみましょう。

【最短】でサロン経営を成功させる秘訣とは!?


次に、先ほどお伝えした4つの要素について、「どのような順番で取り組んだらよいのか?」についてお伝えします。
実はこの4つの要素、「取り組む順番」が非常に大事です!!

私自身、開業してからたった1年で売上を100万円達成し、それを継続しているのは、この「取り組む順番」に早く気付けたからです。

先ほどもお伝えしましたが、サロン経営がうまくいかない経営者の9割は、「集客すれば売上はあがる」と思っていたり、とにかく新規集客ばかりに頭を悩ませ、そこに力を入れようとします。

ところが、この4つの要素のなかで、もっともコストが掛かるのが「客数を上げる(新規集客)」です。

毎日ブログやSNSを更新する労力・時間、お金をかけてホームページをつくったり、チラシをつくって配布したりなど、「新規集客」は4つの要素のなかで、最も「お金」「時間」「労力」が掛かる部分なんです。

せっかくお金も、時間も、労力もかけて、やっとの思いで集客できても、

単価が低い・・・
リピートもしてもらえない・・・

そんな状態だったらどうでしょうか??
コスト(お金・時間・労力)が垂れ流しの状態ですよね。
まるで、【ザル】に水を注いでいるようなもの!水道代(コスト)だけがかかっちゃってる状態です”(-“”-)”

まずは、集客にかかるコストをしっかりと「売上」に繋げる【受け皿】が必要ですよね。

そのためには、【単価を上げる】【リピート率を上げる】ことが大事なんです^^

私は今でこそサロンを経営して毎月売上100万円を安定させていますが、開業したばかりの頃は、単価も低い(60分4,800円とか・・・)、リピート率も30%以下(新規が5人来ても、1人か2人、リピートするかしないか)でした。

そんな状態にもかかわらず、「とにかくお客様に来てもらわないことには始まらない!」と思い、新規集客のために広告費をかけて地域誌に掲載したり、チラシを配布したりしていました。

どうなるかわかりますよね・・・・?(苦笑)

完全に赤字です”(-“”-)”

サロンの売上を安定してつくれるようになったのは、単価を上げてもお客様に喜んで頂けるメニューをつくり、お客様にリピートしていただけるようにカウンセリングを見直してからです。

結論、「新規集客」からではなく、まずは「単価を上げる」「リピート率を上げる」ことから取り組むことが、【最短】でサロン経営を成功させる秘訣です^^

 集客媒体は大きく分けると2種類ある!


「集客したいけど、なにを活用したらいいの?」という方のために、次のステップでは具体的な集客媒体の種類についてお伝えしていきますね^^

プッシュ型

集客媒体には大きく分けて2つあります。1つ目はプッシュ型です。
プッシュ型とは、広告主側で決めたタイミングで、ターゲット(ユーザー)に情報を発信する媒体のことです。ユーザーは、ユーザーの意思に関係なく、受動的に情報を受け取ります。

例えば、身近なものでいうと、テレビCMや新聞、折り込みチラシ、DM、SNSなどです。

簡単にいうと、広告主側からアプローチする「攻め」の媒体のことです。

特徴としては、不特定多数のターゲットに向けて一斉に情報発信ができて、より多くの人に認知してもらえます。その分、運用コストが高い傾向があります。

プル型

もう1つが、プル型です。
プル型とは、ターゲット(ユーザー)が能動的に情報を取りにいく媒体のことです。

例えば、ホームページやブログ、紹介や口コミなどです。

これも簡単にいうと、広告主側は待っているだけの「受け身」の媒体です。

特徴としては、プッシュ型と比べて運用コストが安い分、情報提供のタイミングは制限がなく、即効性に乏しいといえます。

サロン集客に効果的な集客媒体とは?

「結局、プッシュ型とプル型どっちがいいの?」という話について。

「プッシュ型」にも「プル型」にも、これまでお伝えしたように、それぞれメリット・デメリットがあります。

「どっちがいい」というより、「上手く使い分ける」ことが大切です。

例えば、

プッシュ型の「チラシ」を活用して、まずはサロンを知ってもらう

プル型の「ホームページ」にアクセスしてもらう

予約や問い合わせに繋げる

といった感じで、プル型だけ、プッシュ型だけ、ではなく、それぞれを使い分けると相乗効果があります^^

なので、ブログだけ、SNSだけ、とかではなく、それぞれのツールを上手く活用していくことがサロン集客で最も大切です。

サロンの売上を上げる具体的な9つの集客方法


「具体的な集客方法はどんなものがあるの?」という方のために、具体的な集客方法を9つお伝えしていきますね!

1、 ホームページ

まず、大きなメリットとして、ホームページがあるということはお客様の「安心・信用」に繋がります。

ホームページの代わりに無料ブログサービス(アメブロ等)を利用されている方がいらっしゃいますが、あなたがもしモノやサービスを購入する際に、ホームページがなかったり、公式サイトが無料ブログだったらどう思うでしょうか?

ちょっと不安ではありませんか?
無料ブログが悪いわけではないのですが、やはりホームページを持っていた方が信用力に繋がりやすいです。

また、ホームページは無料ブログサービスと違って、商用利用禁止といった制限や、いきなり削除されるリスクがないため、書けば書くほど「資産」になるメリットがあります。

2、チラシ(新聞折り込み)

チラシのメリットは、地域の方に向けて発信できるところです。
新聞折り込みチラシは、主婦層や高齢者層をターゲットにしている場合はとても有効です。

3、チラシ(ポスティング)

ポスティングは、新聞未購読者に宣伝できるメリットがあります。
また、配布先を細かく絞り込むこともできるので、ターゲットがどのエリアにどのくらいいるのか等、リサーチした上で配布部数やエリアを決めましょう。

4、地域誌・フリーペーパー

フリーペーパーもチラシと同様、地域の方に向けて発信できるところがメリットですね。
無料で配布されているため多くの人に目に留まりやすく、一般の広告よりも低コストです。
デメリットとしては、広告が多いため埋もれやすいという点です。

地域によってフリーペーパーや地域誌が強いところと、そうでないところがあるので、ご自身がサロンをやっているエリアの地域誌を調べてみましょう^^

5、クーポンサイト

有名なもので、ホットペッパービューティーやグルーポンなどですね。
メリットとしては、紙媒体と違って広域に広告できることです。
また、お客様の数をこなしたり、サロンの賑わい感を出すのに活用するのも手です。

デメリットとしては、月額制の場合は契約期間の縛りや、初期費用や毎月の固定費がかかる場合があるので、確認が必要ですね。

6、ブログ

無料で手軽で始められるのと、ホームページと比較して編集や投稿が直観的に操作できるので初心者でも始めやすいのが大きなメリットです。

デメリットとしては、規約違反としてみなされた場合は突然ブログが削除されるリスクがあること。また、無料なので広告が表示される点です。

私の個人的な意見としては、ブログよりもホームページを持つことをお勧めしますが、
「いきなりホームページをつくるのはハードルが高い」
「まずは手軽に始めてみたい」
という方はブログからスタートしてみるのも良いと思います^^

7、SNS(フェイスブック、インスタグラム、ツイッター)

SNSは無料で利用できて、拡散力があるのが特徴ですね。

SNSは無料で手軽に始められるので、活用するのは良いことですが、流行り廃りがあるので頼り切るのは危険です。

例えば、10年前はmixi(ミクシィ)がとても人気で流行っていましたね。サロンの集客をmixiでやっていた方もいらっしゃいますが、今はどうでしょうか。
次から次へと新しいSNSが出てきて、あっという間にユーザーが離れてしまいましたよね。

このようにSNSは流行っているときは良いのですが、どんなに人気で流行っていても、いつ無くなってもおかしくない危険性があります。

なので、集客のメインで活用するというより、サロンの雰囲気や施術者のことを知ってもらうツールとして活用していくのが良いですね^^

8、看板

自宅サロンや賃貸マンションなど、サロンを開く環境によりますが、看板を出せる環境があれば是非活用するべきです。

看板を出すことで、無料もしくは低コストで、サロン周辺にいる人にサロンの存在を知ってもらえるためです。

私がサロンをしていて感じることですが、看板をみていらっしゃるお客様は、あまり他のサロンを積極的に探したりしない・ご自身の直観を信じてサロンを選ぶ特徴があるように感じます。なので、リピーターやVIP客になりやすい傾向があります^^

9、紹介・口コミ

紹介でお客様が増えたら嬉しいですよね^^
紹介が増えない原因は、そもそも紹介をお願いしていないことが原因だったりします。

しかし、「どうやって紹介をお願いしたらいいのかわからない・・・」という方もいらっしゃいますよね。そういうときは、紹介カードをつくりましょう。

ここで大事なポイントがあります。
紹介カードを渡すときに、「安くなるので紹介してください」と伝えるのではなく、【紹介してほしい理由をあなたの想いと一緒に伝える】ことです。

そうすることで、あなたの想いに共感してくださったお客様が、お客様を呼んで来てくださいます^^

まとめ

この記事では、集客する前にやるべきことと、具体的な集客方法についてお伝えしました。サロン経営において、集客は必要ですが、今既にお客様がいる場合は「お客様の満足度を高めるにはどうしたらいいのか?」を考えて、まずは取り組んでみてくださいね^^

The following two tabs change content below.
現役で整体サロンを経営しながら、サロン経営コンサルタント。お客様に喜ばれながら、サロンの【高単価×リピート】を実現させる、お客様もオーナー様も満足するサロン経営をサポート中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です