サロン集客でターゲットは絞りすぎない方がいい!?

こんばんは、
愛原菜々です^^

よく、ターゲットについて、

「サロンのターゲットを絞りましょう」

とか、

「ターゲットを決めるのが大事です!」

とか、
誰しも1度は耳にしたことが
あるのではないでしょうか?

今回は、ターゲットについて、
実は「ターゲットを絞りすぎない方がいい」ケースがある
ということをお伝えしたいと思います^^

私自身、コンサルをしていて生徒さんに
「ターゲットを絞りましょう」と
伝えることがあります。

しかし、
生徒さんの状況によっては

「ターゲットを絞るのはやめましょう」

と伝えることもあります。

ターゲットを絞らない方がいいって
どういうこと!?!?

と思うかもしれませんね。

私自身の話になりますが、
私がサロンを開業したばかりの頃は
ターゲットが決まっていませんでした。

マーケティングのことを
何も知らなかったというのもありますが、

その当時、もし
「ターゲットを決めろ」と言われても、
おそらく決められなかったと思います。

整体を学んだ学校では、

「この技術は、
痛みやしびれ、凝りにも効くし、
皮膚疾患や美肌効果もありますよ~^^」

「骨盤が整えばウエストも変わるから
痩せ効果もありますよ~^^」

なんて言われて、

どんな悩みにも効果があるから
当時作ったチラシには
全部書いていました(笑)

「腰痛・肩こり・猫背・四十肩・しびれ・凝り・皮膚疾患・美肌・痩身!」

みたいな感じで(笑)

まさに絵にかいたような
“なんでも屋さん”でした(笑)

なので、その当時
私のサロンには

皮膚疾患で悩んでいる人、
腰痛で悩んでいる人、
四十肩(腕が上がらない)の人、
足のしびれで悩んでいる人、
痩せたいと思っている人・・・

とにかくいろんな悩みを持った人が
私のサロンに来られました。

私はいろんなお悩みのお客様を
施術させて頂くなかで、
自分の専門性だったり、
ターゲット像が、
少しずつ明確になっていきました。

私はこのときの経験がなかったら、

「ターゲットを決めましょう」

と言われも
おそらく決められなかったと思います。

無理に決めたとしても、
自分の中でしっくり来ないまま
だったと思います。

なので、

★★★★★★★★★★★★★

ターゲットを決めるための
【判断材料】が少ないときは

無理にターゲットを決めない方がいい

★★★★★★★★★★★★★

というのが私の考えです。

実際に、私のコンサルに
申込んでいただいた方のなかには

「他のコンサルを受けて、
ターゲットを決めたけど
なんだか自分のなかで納得がいっていない」

だったり、

「ターゲットを決めた方がいいのは
頭ではわかっているけど、
ずっとターゲットが決まらなくて
行動できなくなっている」

という方も
結構多くいらっしゃいます。

それは、
施術の経験がまだ浅かったり、
お客様をみる経験値が少ないため

ターゲットを決めるための
~~~~~~~~~~~~~
判断材料が少ないから決められないだけ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
というケースが非常に多いです。

なので、

「ターゲットを考えても考えても決められない」

という人は、

★★★★★★★★★★★★★

まずは、
ターゲットを決めるための

判断材料を集めるために、

【ターゲットを絞りすぎない】

ことが大事です。

★★★★★★★★★★★★★

決められないことをずっと
悩んでいても行動できないまま解決しないので、

まずは判断材料を集めるために
ターゲットを絞りすぎずに
集客することから始めてみましょう^^

********************

サロンの高単価でリピートされる仕組みを構築する、
【簡単3ステップ動画】を今だけ無料でプレゼント中★
詳しくはこちら↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です