【サロン経営】売上月3万円以下→102万円になるまでに私がやめた9つのこと

こんにちは、愛原菜々です!

今回は、私が売上を上げるために
「やめたこと」について
お伝えしていきたいと思います^^

サロンの売上を上げるために私がやめた9つのこと

これからお伝えすることは、
「やること」ではなくて、
「やめたこと」です(笑)

ぶっちゃけ、これから伝える9つのことを
全部やめることができたら、
あなたのサロンの売上は上がります。

断言します。

なぜ、断言できるかというと、
これは売れているサロンと
売れないサロンの”決定的な違い”
でもあるからです。

おそらく、この内容を
私のコンサル生や、
経営が上手くいっている
サロンオーナーさんが読んだら、

「そうそう!」

と思うはずです。

逆に、経営がうまくいっていない
サロンオーナーさんが読んだら、

「それ、やっちゃてます・・・><」

という内容が複数あるはずです。

そんな方は、年内のうちに、
不要なことは捨てて(笑)
自分の大掃除をして、
来年飛躍の一年にしましょう!

それでは、
私が売上を上げるまでに
「やめた」9つのことを
お伝えしていきたいと思います^^

1、無闇やたらに集客するのをやめた

売上が上がらなかった頃の
私の話ですが、

「とにかくお客様に来てもらいたい」

と思って、
いろんな媒体に
手をつけていました。

チラシ、
クーポンサイト、
地域誌、
ホームページ、
ブログ、

などなど・・・・。

集客にお金も時間も使っている割には、
全く売上が上がらず、
広告費ばかりが圧迫し、
「赤字」経営の状態でした。

そんな私が変わる
きっかけになったのは、

【集客しても売上は上がらない】

と気付き始めた頃でした。

メニュー作り、
カウンセリングなどを見直し、

「とにかくたくさんのお客様に来て欲しい!」

状態から、

「○人のお客様(ターゲット像)に来て欲しい」

という具体的な人数、
ターゲット像、悩みなどを
設定するようにしました。

そこから少ない人数でも
来て欲しいお客様を
集客できるようになって、
リピートに繋がるように変わっていきました。

やみくもな集客をやめたことで
少ない集客でも
売上(利益)がちゃんと
つくれるようになりました。

2、お客様に執着するのをやめた

お客様に次回ご予約を聞いて、

「また連絡します〜^^」

と言われたまま、
ご連絡がない・・・・

あなたは、そんな経験はありませんか?

開業したばかりの頃の
私にはそんなことが
しょっちゅうありました^^;

そうなったときに、毎回

「あのお客様はいつ連絡をくれるんだろう・・・?」

「連絡するって言ってくれたけど、本当かな・・・?」

「本当は施術に満足してないから
社交辞令でまた連絡するって
言ったんじゃないかな・・・?」

なんてアレコレ
考えていたことがあります(苦笑)

これって、今思うと
めちゃくちゃお客様に
執着していたなーって
思うんですよね。

連絡してほしい、
また来て欲しい、

って、まるで
片思いの重たい女のように(笑)

恋愛と同じで
好きな男性を追うと逃げるのと同じで、
お客様も追うと逃げます(笑)

リピートに繋がらなかったときに

「私の何がダメなの?」

「いつ連絡くれるの?」

「どうして来てくれないの?」

という執着の思考から、

「私は私を必要としている人のために
より良いサービスを提供できるように
自分をブラッシュアップする!」

という思考に
切り替えるようにしました。

”過去よりも、今なにできるか?”

”未来をより良くするために
今できることは?”

という感じで意識を変えました。

執着を手放してから、
不思議ですが一気に
気持ちの持ちようも、
お客様の反応も変わりました。

これ、恋愛も同じだと思う!!!
(急にどうした(笑))

執着してる女より、
自分磨きしてる女性の方が
魅力的だし、
魅力的な男性に好かれますよね(*´艸`)

それと同じです。

なので、執着を手放すことは
サロン経営においても
結構大事な要素になります。

3、安売りするのをやめた

私は今でこそ
「高単価でリピートされる仕組み」
をお伝えしていますが、

実は、開業したばかりの頃の私は

「安い方がお客様にとって良い」

と思っていました。

なので、

安くないとお客様は来ない、

安くないと満足してもらえない、

と思っていました。

しかし!!!!

この考え方は【大間違い】でした。

「安い方がお客様に良い」

という安売り状態から、

「値段を高く設定した方が
より良いサービスを提供できるから、
お客様にとって良い」

という考え方に
変えたことで

2000〜4000円の低価格で
やっていいた頃よりも、

2万円で施術を提供している今の方が
お客様の満足度があがって
リピーターが付いています。

なので、今もしあなたが

「安い方がお客様のため」

と思っているのであれば、

自分の思い込みは
果たして、本当に正しいのか?

というのを
考えてみてください。

4、リピートに繋がらなかったときに「技術」や「環境」のせいにするのをやめた

売上がつくれなかった頃の私は
新規のお客様が次回予約に
つながらなかったときに
こんな風に思っていました。

「技術が足りないのかな・・・?」

「設備が足りないからかな・・・?」

「立地が良くないからかな・・・?」

といった感じで、

「技術」や「環境」に
問題があるのではないかな
と思っていたんですよね。

そう思っていた私は、
改善できることは
とにかくたくさんやりました。

技術は美容から治療系まで
たくさん勉強して
機材も導入して、

できることはやったのですが
全くリピートに繋がらない・・・

という結末。

そのとき、さすがに
技術も設備も問題じゃなくて
他のことが原因じゃないか

って思ったんですよね・・・。

そこからメニューや
カウンセリング、
集客の打ち出し方などを
見直すようになりました。

なので、技術を磨くことは大事だけど、
たくさん技術を勉強しても
リピートや売上に繋がらない方は
他に原因があるということに
早く気付いてもらいたいと
私の身を持って伝えたいです。

5、お客様のことを勝手に決めつけるのをやめた

カウンセリングのときに

「この人は若いから身体にお金は使わないだろう」
とか、

「この人は住まいが遠いから通わないだろう」
とか、

「他のサロンに通ってるから通わないだろう」
とか(笑)

お客様のことを
勝手に決め付けていませんか??

売れなかった頃の私は、
お客様のことを
勝手に決めつけて
ちゃんとご提案できていなかった
ことがあります。

自分に意識が向いている状態だと
モノやサービスは売れるどころか
そもそもご提案ができません。

なので、
お客様のことを
勝手に決めつけるのをやめて、
お客様の悩みだったり、
なりたい姿に意識を向けるということを
意識的にやるようにしました。

そうしたことで
リピート率が驚くほど変わりました。

6、1回で解決しようとするのをやめた

これは治療系のサロンをやっている
人に当てはまることが多いのですが、

お客様に良くなってもらいたいあまりに
施術をやりすぎてしまうケースが
あります。

特に重度の症状を持っている
お客様が来ると、
身体の問題がありすぎて
解決してあげたいがあまりに
施術をやりすぎてしまうことが
私にはありました。

早く痛みをとってあげたい

早く治してあげたい

やさしい治療家さんだったら
1度は思ったことがあるのでは
ないでしょうか。

でも、度を過ぎてしまうと
やりすぎ・過度なサービス
になってしまうことも
あります。

(私がそうでした(汗))

「1回で解決したい」
というスタンスから、

「時間をかけて歪んだものは、
回数かけて解決していく」

という考えにシフトしたことで
お客様へのご提案の仕方も変わって
リピートに繋がるように
変わっていきました。

7、予約をお客様主導にするのをやめた

これは、私のコンサル生から
コンサルを受けて変わったこと
ナンバー1と言ってもいいくらい、
よく言われます^^

お客様に次回ご予約を
入れてもらうときに、つい

「いつにされますか?」

とお客様に
決めてもらっていませんか?

私も開業したばかりで
右も左もわからなかった頃は
お客様主導で予約を
とっていました。

しかし、そうなると

  • お客様に来て欲しい頻度で来てもらえない
  • お客様が来たいときに来る
  • 次の施術まで期間があきすぎていて施術の効果を実感してもらいにくい・・・

ということがありました。

なので、お客様主導で
予約を受けるのをやめて、

こちら主導で予約を入れて
もらうよう変えました。

そうしたことで、
お客様にも来て欲しい頻度で
通ってもらえるようになって
リピート率も上がりました^^

8、休みを返上して予約を入れるのをやめた

これもコンサル生から
よく言われる変化のひとつです^^

7に付随する内容ですが、
予約がお客様主導になっていると

「この日は休みにしよう」

と思っていた日に
お客様からご予約が入ったときに

「せっかくお客様が来てくれるから
休み返上でいいや」

という感じで、休みを返上して
サロンを開けるケースがあります。

お客様が来てくれることは
嬉しいけど、

本当は休みたかった・・・

本来入っていた予定を
ズラすことになっちゃった・・・

そんな状態では
自分が疲弊していってしまうと
思うんですよね。

(私はそうでした)

なので、自分のためにも
お客様のためにも、

休みは休みと決めて、
しっかり休む!

予約はお客様任せではなく、
こちら主導で決める!

ということを
やるようにしました。

そうすることで、
自分を犠牲にすることなく
お客様にも喜んでもらいながら
リピートしてもらうことが
できるようになっていきました。

では、いよいよ最後の9つめです。

9、感情で行動するのをやめた

ん?どういうこと??

って思いますよね^^

感情で行動するとは、
【数字】が見えていない状態です。

あなたは数字が得意ですか??^^

初めて経営する方の
ほとんど(特に女性!笑)は
【数字が苦手】です。

私も【数字が苦手】でした。

しかし、
【数字】が見えていないと
自分の感覚・感情・思い込みで
経営することになります。

そうなると、
来月、再来月、
その先の売上が不安・・・
といった感じで、
焦りがでてきます。

不安だと思っていることに対して、
どう対処したらいいかわからない。

行き当たりばったり行動する。

先行きが見えない。

この状態は、
ズバリ言ってしまうと

★★★★★★★

事実(数字)を
把握できていないから、
不安になっている

★★★★★★★

状態です。

私が売れないサロンだった頃は
いつも売上が不安で
感情で行き当たりばったり
行動していました。

その状態から
事実(数字)を意識して
みるようにしたことで、

物事に対して冷静に判断することが
できるようになって
売上不安からも解放されました。

まとめ

  1. 無闇やたらに集客するのをやめた
  2. お客様に執着するのをやめた
  3. 安売りするのをやめた
  4. リピートに繋がらなかったときに「技術」や「環境」のせいにするのをやめた
  5. お客様のことを勝手に決めつけるのをやめた
  6. 1回で解決しようとするのをやめた
  7. 予約をお客様主導にするのをやめた
  8. 休みを返上して予約を入れるのをやめた
  9. 感情で行動するのをやめた

以上、
私が売上を上げるために
やめた9つのことでした!

全部やめることができたら、
あなたのサロンは間違いなく変わります^^

できることから
やってみてくださいね〜!

********************

サロンの高単価でリピートされる仕組みを構築する、
【簡単3ステップ動画】を今だけ無料でプレゼント中★
詳しくはこちら↓↓↓

https://salon-labo.net/steplp/?lp=plutinum-banner


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です