【動画あり】モチベーションが上がらない3つの原因と対処法【サロン経営】

今回は、モチベーションが上がらない3つの原因と対処法についてお伝えしていきます。

よく「モチベーションが上がらないんです」「やる気がでないんです」とおっしゃる方もいらっしゃいますよね。

そもそも、モチベーションってどういう意味なのでしょうか?モチベーションには、このような意味があります。

  • やる気
  • 意欲
  • 動機

モチベーションが上がらない、やる気が出ないって「根性が足りない」からじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは違います!

(たまに、コンサルタントの方でモチベーションはビジネスに関係ありません、根性が大事です!という方もいらっしゃるんですけれども…違います!)

「モチベーションが上がらないんです」「やる気がでないんです」という原因は「根性がないから」ではありません。

根性がなくても、モチベーションは、維持できますし、自分でコントロールできます。

モチベーションを保てない3つの原因、その対処方法ついてお伝えしていきますので、ぜひモチベーションをコントロールできる自分を手に入れましょう!

動画でご覧になりたい方はこちらから (10分29秒の動画です)

【原因1】行動目標が高すぎる

ひとつめの原因は「行動目標が高すぎる」です。

これ、ダイエットに例えるとわかりやすいので、お伝えしていきますね。

たとえば、

「運動もしていない、食事制限もしていない、好きな時に好きなものを食べている生活を送っていた方」がいらっしゃったとします。

そんな方が、ダイエットのためにこんな行動目標を立てたとしましょう。

「明日から筋トレやります!」
「スクワット毎日200回!」
「ランニング毎日2キロ走ります!」
「炭水化物も完全に抜きます!」

と、いきなりすごいハードルの高い行動目標を設定したらどうでしょうか?

これ…どう考えても続けられないですよね。

すごくハードルの高い行動目標を設定したことによって、続けられないと、自分には根性がないんだと自信を無くしたり、モチベーションが続かないんだと思ってしまうんですね。

「行動目標が高すぎる」ために、モチベーションを維持できていないというのが、原因のひとつとしてあります。

対処法:行動目標を「続けられるもの」に変える

行動目標を「続けられるもの」に変えることで対処ができます。

ダイエットであれば、こういった行動だったらどうでしょう。続けられそうですよね?

  • 食事の時は、野菜から食べる
  • シャワーを浴びるだけだったけど、ちゃんと湯船につかる
  • 寝る前にストレッチをする

こういった「日常生活に取り入れられる、続けられる行動をひとつ追加する」といった行動設定をするといいです。ちょっとづつ、できることから設定してあげることが大事。

サロンに例えると、

「集客のために、Facebookやって、インスタもやって、ブログもやって、チラシもやって、クーポンサイトも、なにもかも全部やる!」

ではなくて、

「1日1記事、ブログをアップする」

これなら続けられそうだな、という行動を行動目標に設定することがポイントです。

行動目標は「続けられること」からゆる~く設定する!♪モチベーションを保てる秘訣になります!

【原因2】目標が決まっていない

ふたつめの原因は「目標が決まっていない」ことです。これは、マラソンに例えると、ゴールがない状態。

スタートラインに立って「よーいドン!」とスタートしたけれど「ゴールは決まってません!」といわれたらどうですかね?

いったい、どこに向かって走っていけばいいかわかりませんよね。

経営でも、まったく同じことが言えます。

明確なゴールがなければ、なにをどう行動すればいいか見えてこないので、このようになるんです。

  • 行動できない
  • 行動する理由・動機がない
  • 動機がないので動けない

サロン経営やビジネスでいうと、ゴールは目標ですね。

ここでいう「目標」は、具体的な売り上げ目標もそうなんですが「自分が、ビジネスを通して、お客様にどんな価値を提供したいのか?どんな風にお客様の役に立ちたいのか?」という自分の使命も入ります。

つまり「自分の使命」を持つと、行動する理由になるんです。

対処法:目標を持つ

モチベーションが上がらない原因のふたつめ「目標がきまっていない」に対処する方法は「目標を持つこと!」

ぜひ、売り上げなどの目標もそうですが、自分の使命も明確につくっていってもらえたらなと思います。

目標が決まっていなかったら「やるべきこと」が見えてこないので、まずは、「目標」を決めるということをしてみてくださいね。

【原因3】自分をうまくコントロールできていない

これ、ものすごく多いです!

これができているのと、できていないのでは、かなり変わってきます。自分の人生が左右されるともいってもいいくらいです!

大学を卒業して新卒ときに、内装の法人飛び込み営業をやっていたんですけれども、その当時、営業部のスパルタ上司に言われた言葉があるんです。

この言葉、すごく記憶に残っているので、ご紹介したいと思います。

「人生はゲームと同じ。自分という主人公を動かすコントローラーを自分で動かすんだよ」

これはどういうことかというと「自分というキャラクターの主人公がいて、それを動かすコントローラーを持っているのは自分」ということです。

自分のコントローラーを自分で使いこなしていくことで、自分をうまく動かしていくイメージですね。

これが、できているのかいないのかで成長のスピードが全然違います!

そして、成功している人は、自分をコントロールすることが物凄くうまいです!!

では、自分をコントロールするにはどうすればいいのか?という方法もお伝えします。

答えは超シンプルなんです!

対処法:ポジティブトリガーを持つ

自分をコントロールする方法は「ポジティブトリガーを持つ」こと!

ポジティブトリガーとは?

  • トリガーとは心理学の言葉で「引き金」の意味
  • ポジティブトリガーとは、ある「引き金」を引くと「やる気」がでるアクションのこと

有名な話ですが、フィギュアスケートの羽生結弦選手は、試合に入る前に、必ず「勝負曲」を聞くといわれています。

自分の状態が良くなる音楽を聴くことで、集中力を高め、自分の良い状態を作っていくことが、羽生結弦選手にとっての「ポジティブトリガー」というわけです。

自分をコントロールするためには、ポジティブトリガーを持つことが大事なポイントになります。

ではなぜ、ポジティブトリガーを持っているといいのでしょうか?

この理由は明確で、簡単言うと「やる気スイッチ」ですよね。

つまり「ポジティブトリガー」を持つことで「スイッチを押したら動く」という、スイッチを持っておけることなんです。

「この曲を聞いたら行動する」というような、自分なりの「やる気スイッチ」を持っておくことで、やる気が下がっているときでも行動できるようになります!

いつでもモチベーションをたもった、良い状態だったらいいと思うんですが「思い通りに行かなかった」「嫌なことがあってやる気が出ない」など、必ずしもやる気があるとは限りませんよね。

人間なので、だれでもあると思うんですよね。

そういうときでも、「ポジティブトリガー」=「やる気スイッチ」を持っていれば、行動できるようになるんです。

なので、ぜひ皆さんにもこのポジティブトリガーを持ってみてくださいね。

ちなみに「ポジティブトリガー」はひとつじゃなくて、たくさんあると良いですよ。

これは、私のポジティブトリガーの具体例なんです。

  • 経営の師匠の動画をみる
  • 本を読む(ビジネス書、自己啓発本、漫画など様々)
  • セミナーに行って、インプットをする
  • 売れている人のYouTube見る
  • 自然の中に行くと体の状態が良くなるので、ドライブをする
  • 趣味でダイビングをしているので、海に行く  などなど

私はこのように、自分を良い状態に持っていくポジティブトリガーをいくつか持っています。

「モチベーションが下がっているな」「やる気が中々でないな」というときでも、ちゃんと、そこから復活するための「やる気スイッチ」を押すことで、いい状態に持っていくことができます。

こうすると「やる気が出ないという状態が続いてしまう」「ずっと行動ができない」ということがなくなりますよ。

ぜひ、自分の「気分」「やる気」が上がる行動をたくさん見つけてみましょう!必ずあると思うので、リストアップして見つけてみてください!

ポジティブトリガーを持って、自分という「主人公」を上手くコントロールできるようになりましょう!

自分をコントロールできるようになると、成長スピードが物凄く上がりますので、ぜひ、やってみてくださいね!

【動画】モチベーションが上がらない3つの原因と対処法

********************

サロンの高単価でリピートされる仕組みを構築する、
【簡単3ステップ動画】を今だけ無料でプレゼント中★
詳しくはこちら↓↓↓