【自宅サロン経営】リピートに繋がらないサロンがやってしまいがちNG5選

こんにちは、愛原菜々です!

先月からスタートしたやさしいサロン経営術スクールですが、初月から成果報告をいただいてみなさんの成長がめちゃくちゃ早いです^^

(以下、報告一部抜粋)
———————————

スクールで教えていただいて作ったメニューで、体験の方にレジュメ通りのカウンセリングをしたら初めて15万円のコース契約がとれました!

———————————

売上が今までの月平均よりも12万円ほどUPしました!

———————————

今日も講座ありがとうございました!あの直後、トータル28500円の化粧品をご成約いただきました★

———————————

私の生徒さんは皆さん優秀です!!

これからどんどん成長していくのが楽しみです^^★

リピートに繋がらないサロンがやってしまいがちNG5選

今回は、リピートに繋がらないサロンがやってしまいがちなNG5選をお伝えしていきたいと思います。

実はこれからお伝えすることは、私が開業したばかりの頃右も左もわからないままとりあえずカウンセリングしていた頃にやってしまっていたことです(苦笑)

おそらくリピートで悩んでいる方は当てはまることがあるのではないかなと思います。

今回お伝えする内容で、カウンセリングや経営改善に繋がるヒントをたくさん見つけられると思います^^

それでは、お伝えしていきたいと思います。

<NG1>次回予約をご案内するときに「次回のご予約はいかがされますか?」と聞く

これ、つい言ってしまっていませんか??

これは、やさしい人ほどやってしまいがちNGパターンです。

「次回のご予約はいかがされますか?」

これは、

”お客様に選んでもらおう”

”お客様に決めてもらおう”

そんな心理があると思うのですが、一見【相手のため】に聞こえますが実はお客様を困らせ、次回予約を断られてしまう原因になります。

お客様の立場になって考えてみてください。

お客様はなにかしら悩んでいて解決したいと思っているからお金と時間を使って初回の施術に来てくださっているわけですよね。

ということは、お客様は私たち身体のプロから「なにをやったら悩みを解消できるのか?」「次はいつ来たらいいのか?」提案してもらえることを待っています。

それを「いかがされますか?」と言われても「逆にどうしたらいいんでしょう??><」という話なんですよね(汗)

お客様から質問してもらえたらラッキーですが、多くのお客様は「考えます」「また連絡します」といって去っていきます。

お客様主導ではなく、こちらが身体のプロとしてご提案してあげる必要があります。

<NG2>サービスしすぎ

これは、【施術に満足してもらえればリピートに繋がる】と思ってしまっている人によくあるNGパターンです。

施術時間をオーバーしてやってあげたり、本来オプションで料金をいただくメニューを無料でやってあげたり、サービスして喜んでもらえたら通ってもらえると思ってやりすぎてしまうケースです。

結論からお伝えすると、

「施術に喜んでもらえることと、リピートしてもらえることはイコールになりません」

なぜだと思いますか??^^

それは、サロンの施術というサービスはモノと違って“継続性”のあるサービスだからです。

どんなに施術に満足して頂けても、継続する必要性が伝わっていなかったらリピートには繋がらないのです。

サービスしすぎてしまっている方は、考え方を変えてカウンセリングでの顧客教育が課題となります。

<NG3>ご提案することはお客様に“申し訳ないこと”だと思っている

これもリピートで悩んでいるサロン経営者さんによくあるNGパターンです。

「ご提案することは申し訳ない」

そう思ってしまう原因は、過去に強引な営業をされて嫌な思いを経験していたり、【営業=嫌われる】という固定概念を持っているケースです。

そもそも、あなたはどんなときに営業されて嫌だと感じるでしょうか??

いらないモノを売りつけられているとき必要だと思っていないモノやサービスの説明を延々とされているときではないでしょうか??^^;

営業(ご提案)してお客様に嫌がられてしまう大きな原因は、お客様のニーズがないのに提案してしまっているケースです。

逆に、お客様のニーズがあればご提案はお客様から感謝され喜ばれます。

なので、お客様のニーズをしっかり引き出すカウンセリングができていなければどんなに技術が良くてもご提案はできないですし、売れないのです。

<NG4>とりあえず「2~3回で良くなりますよ」と言ってしまう

これは治療系サロンの方にありがちなNGパターンです。

3の心理に近いのですが、「何回も来てもらうのは申し訳ないから、とりあえず数回通ってもらえたらいい」と思って、言ってしまっているケースです。

本当は3ヶ月、半年以上、回数も重ねて通った方が身体は良くなると思っているのに、お客様に言えなくて「まずは2~3回通ってください」と言ってしまう。

そうなると、お客様は言われた通り2~3回で来なくなってしまう…。

結構このパターンも多いです。

お客様はあなたのことを【お身体のプロ】だと思っているので、あなたのアドバイスに忠実に従います。

「とりあえず2~3回来てもらってそのあとは長くリピートしてくれたらいいな」という考えではお客様は動かないのです。(自ら動くお客様は健康意識が高いお客様だけです)

こちらがプロとしてちゃんとお客様にご提案してあげる必要があります。

<NG5>なにかと理由を付けてリピートしない客だと決めつける

これもリピートで悩んでいる人に多く共通するNGパターンです。

「若い人はお金を持っていないだろう」

「遠い人は通わないだろう」

「子育て中の人は自分の身体にお金を使わないだろう」

「クーポンで来た人はリピートに繋がらないだろう」

などなど、なにかと理由をつけてリピートしない客だと決めつけて提案しないケースです。

もうハッキリ言ってしまうと…

人のせいにしているうちはカウンセリングも経営も改善されません!!(ズバリ)

自分が変わらなければ、今の現状も、相手を変えることもできません。

こんな状態になってしまっている方は、接客するときのマインド(考え方・在り方)を見直すこと。そして、お客様のニーズを引き出すカウンセリングとご提案力が課題になります。

ということで、リピートに繋がらないサロンがやってしまいがちなNG5選についてお伝えさせて頂きました!

お客様に喜ばれながらリピートしていただけるサロンをつくってくださいね^^

********************

サロンの高単価でリピートされる仕組みを構築する、
【簡単3ステップ動画】を今だけ無料でプレゼント中★
詳しくはこちら↓↓↓

https://salon-labo.net/steplp/?lp=plutinum-banner